お知らせ

2019年03月04日

痛みってない方がいいですよね?

湘南藤沢で怪我・スポーツ診療を専門とする

   『たちばな通り整骨院』

 

 

「痛みってない方がいいですよね?」

 

という質問が来ましたのでお話しして行きます

 

 

確かに!そうですね!

 

 

ということです

 

 

痛みは苦痛になりますしできれば避けて通りたい・・・

 

 

 

 

ill_about06_1

 

 

 

 

 

 

体のお話をいたしますと

 

痛みとは体への情報です

みる、きく、匂い、味、心地いいなどと同じで

体への何かしらの情報になります

 

見ることで理解できたり、気分が悪くなることで体調不良を知ります

 

 

痛みを整理してみると

 

 

①炎症のサイクルの一つである

 

②体への危険信号(緊急)

 

③体への危険信号(非緊急)

 

④運動のサイン

 

⑤回復、成長のサイン

 

 

のように大まかに区別できます

 

 

 

 

 

 

①炎症のサイクルの一つというのは、何らかの損傷→損傷したところから怪我をした信号→脳が認識→修復の司令→栄養や安静により修復モードへ(安静にしてほしいサイン)→ちゆ(痛みが取れる場合もある)→固まって痛い(ギプス固定後など動かした時の痛み=動かしてほしいサイン)に移行して行きます

 

慢性の痛みは司令後の修復過程が十分に行われない、栄養や材料が足りないので途中で終わって痛みの信号だけ残ってしまう状態です。ですので痛い状態だけ繰り返しています。治療は修復のサイクルを再開させる、サイクルを終わらせる。というものも出てきます。手術で言えば骨にあえてドリルで穴を開けて修復過程を再開させるものもあります。

 

このように一つの反応であり司令となるのが痛みの一つの役割です。

 

 

 

②体への危険信号(緊急)はこの体の動きをすると怪我をしてしまうよというサインです。中腰で腰が痛い場合、何回も繰り返すのでなく、その動きをした時点で感じるのはすぐにその動きは注意した方がいい、やめた方がいいというサインです。緊急的に体を守ってくれています。

 

 

③体への危険信号(非緊急)は夕方になると痛くなる、繰り返していると痛くなる場合です。痛めている場合はここまで回復しましたよのサイン痛めていない人は体に負担がかかりましたよのサインとなります。という2種類でどこまでできるようになったのか?自分の筋力や持久力の限界を教えてくれています。痛みを感じながら少しずつ乗り越えることで痛みを感じる時間や強度が高くなり体の能力が向上しているとわかります。

 

 

④運動のサインは同じ姿勢でいると痛い。という状態で体が運動をしてほしいというサインです。痛みではないですが正座で痺れが出るのは、これ以上正座を続けると神経や循環が止まってしまい危険ですのでこの姿勢を変えましょう。動きましょうのサインとなります。人間のほとんどは水分でできていますので同じ姿勢でいると筋肉は固まり、血液は固まり血栓などできますよね。体が動いて循環してほしい時も痛みが出ます。助かりますよね?

 

 

⑤回復、成長へのサインは体が怪我をしてここまで動けるようになったと教えてくれるサインと、筋肉痛などの成長するポジティブなサインです。

 

 

 

痛みを理解することで安心して自分の状況が理解できます。そうすると上手に付き合うことができるので回復もなおいいです。ですので完全に決して感じないデメリット、感じるメリットを知ることから始まるわけです。

逆に激しい痛みは苦痛を伴い、不快感を与え過度のストレスになることもあります。

 

 

 

 

我慢でもなく、なくすのでもなくまずは理解することが大切ですのでわかりやすくお話させていただいております☺️

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ホームページリニューアル→https://shounan-s.jp

ラインはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40zio9836m

フェイスブックはこちら→https://www.facebook.com/tachibanadouri.s/

患者様の声はこちら→http://tachibanadouri-s.jp/voice

たちばな通り整骨院

藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分

月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、平塚、藤沢本町
横浜、戸塚、善行、湘南台、藤沢駅、江ノ電、東海道線、小田急江ノ島線、相模大野

対応保険
健康保険、労災、自賠責保険、傷害保険、交通事故保険

対応症状
オスグッド、ギックリ腰、肉離れ、リハビリ、足の捻挫、外反母趾、シーバー病
産後の骨盤矯正、酸素カプセル、ムチウチ、むち打ち症、頚椎捻挫

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

万が一の時も焦らずに、藤沢市の「たちばな通り整骨院」にご相談下さい

平成11年に神奈川県藤沢市で開院した「たちばな通り整骨院」は、藤沢市内はもちろん近郊の川崎・横浜・鎌倉・茅ヶ崎・平塚から交通事故による怪我の保険診療やアスリートの間で人気の酸素カプセル、整体・カイロプラクティックのような自費診療を目的にご来院される患者様から広く支持されています。
また、当整骨院には交通事故治療専門の柔道整復師が在籍、総合病院などの整形外科から当院へ転院される患者様も多く、少しでもスムーズに転院が完了できるよう事故後の様々な手続きにおいても適切にアドバイスさせて頂きます。

アクセス


大きな地図で見る
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-1-15 富洋ビル2F

お問い合わせ 詳しくはこちら